■サクっとモチっと 餅あんパイ

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,餅あんパイ,餅パイ,丹波大納言,パイ,”
“サクっと”食感は、厳選した上質のパイ生地の食感。“モチっと”食感は、粒あんとお餅が一緒になったその名も「粒あん餅」。粒あんには丹波大納言を使用しています。「餅あんパイ」は、二つの食感の中で三つの素材が調和する和洋折衷の新感覚の御菓子です。

■国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の考えを取り入れたもなかクッキー「とのわ」

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,”
もなかの皮は輪の形を意識し、今は使用していない型を再利用しています。素材は「遠方の人にも喜んでもらえる“丹波もの”を使いたい」との思いで「かす」と呼ばれる黒豆に着目しました。普段は肥料に回される黒豆を荒くひいてきなこにし、クッキー生地にふんだんに練り込んでおります。人と人の輪、人と笑顔の輪など小さな輪から大きな輪へと広がることを願って作りました。人から人、地域から世界へとやさしさを届けます。売上の一部は国連WFP協会へと寄付させていただきます。

■日本酒ケーキ ほろ善丹波

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,山名酒造,奥丹波,日本酒,日本酒ケーキ,ほろ善,”
「ほろ善(よい)丹波」は、丹波の地酒「奥丹波」をたっぷり染み込ませた日本酒ケーキです。キレの良さとさわやかなコクが丹波で愛される定番酒「奥丹波」。こだわり製法から生まれるパウンドケーキのきめ細やかな食感をご賞味ください。

■丹波産高級小豆二種使用 きんつば 「丹」

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,丹,きんつば,丹波大納言,丹波白小豆,”
きんつば「丹(まごころ)」には、餡には香りよい「丹波大納言」、あっさりと上品な「丹波白雪大納言」を使用しております。小豆の中でも最高級と言われる「丹波大納言」。高級な希少種の小豆の「丹波白雪大納言」。素材の味の魅力をご堪能いただけるよう、研究を重ねて仕上げた自信作です。丹波の恵みをまごころを込めてお届けいたします。

■伝承最中 おさんの森

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,最中,もなか,おさん,
「おさんの森」は、近松門左衛門「おさん茂兵衛」の舞台が当地にあったことにちなんで初代が商品を発案し、最中として誕生しました。初代は商品の製作だけでなく、「おさん茂兵」衛の縁の地を知らせる看板を国道沿いに寄贈するなど文学的価値にも力を注いだようです。丹波柏原 明正堂の初代は、菓子作りには妥協を許さない明治生まれの頑固な職人でした。その初代が心血注いで作り上げた御菓子が「おさんの森」です。創業当時は最中に栗を入れる事は珍しく有りませんでしたが、栗にお餅を加えたことに斬新さが伺えます。最中の種のデザインも初代が手掛けたようです。使用する原材料も一つ一つ吟味し、当時としては珍しく、甘さを抑え、小豆の風味にこだわったようです。初代の志を継承し、現在も明正堂の伝承菓子として二代、三代、四代と、その味を守り続けております。

■白雪大納言使用 どら焼き 丹麗(たんれい)

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,”
「丹麗」は“麗しき丹波”の素材を使ったどら焼をコンセプトに命名致しました。生地は、一枚一枚に向き合い、柔らかくしっとりした食感に仕上げております。白餡には希少な「白雪大納言」を使用し、上品で繊細な餡に仕上げております。一枚一枚丁寧に焼き上げた生地と特製の白餡がお口の中で調和します。

■白亜夢物語 恐竜の卵

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,恐竜の卵,丹波竜,”
2006年(平成18年)の8月、丹波市山南町の篠山川で白亜紀前期の地層から、ティタノサウルス類と見られる大型の草食恐竜(丹波竜)の化石が発見されました。この発見を和菓子で伝え広めていきたいと思い、誕生したのが「恐竜の卵」。生地には焙煎小麦粉を使用。卵の化石をイメージできるように、一つ一つにヒビをいれました。餡は黄味餡で厳選栗を丸ごと一個入れております。

■丹波産の赤卵使用 加寿呈羅

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,加寿呈羅,カステラ,かすてら,松井さんち,ふるさと自慢,”
明正堂のカステラ、加寿呈羅(かすていら)。「めでたき事が、網の目の如くつらなりますように」。商品名の由来であるこの気持ちを込めて、丹波産の赤卵「松井さんちの丹波ふるさと自慢」を使用し、製法にこだわり一つひとつ職人が丁寧に焼き上げております。

■寶菓羊羹 丹誠 栗羊羹

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,栗羊羹,栗ようかん,
羊羹の命は、まず寒天が良質であること。次に、砂糖と餡の相性が合致していること。代々伝わる製法を大切にし、一本一本を丹誠込めて製造しております。栗は厳選した大栗を惜しみなく使用。大栗の風味をいかすべく相性のいい特製の餡を造りました。製法にこだわる自信作です。

■丹波黒豆しぼり「寶玉」

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,寶玉,豆しぼり,黒豆,黒大豆,”
寶玉(ほうぎょく)には、甘みと旨みを含んだ良質な丹波産黒大豆を使用。丹精込めて炊き上げた後、上質の砂糖蜜に漬け、乾燥を二度繰り返し、上品な味わいに仕上げました。一粒一粒がまさに丹波の宝物です。

■一口羊羹 ゆずの舞

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,ゆずの舞,ゆず,柚子,羊羹,ようかん,”
柚子は、ほどよく果肉を残した柚子の皮を使用しております。白生餡と寒天・砂糖で羊羮を炊き柚子を加えております。柚子の香りと後味の余韻をお楽しみ下さい。

■和洋折衷菓子の先駆け 栗づくし

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,栗づくし,栗,マロン”
近年の明正堂では和洋折衷を意識したお菓子の種類が増えました。その先駆けとなったのは、この「栗づくし」。使用する渋皮栗をブランデーに浸し栗の味の深みを出しました。ブランデー漬けした渋皮栗を包むのは特製の栗餡。二種の素材を パイ生地に包んで焼き上げております。

■伝承焼菓子 しば栗

“明正堂,和菓子,丹波,柏原,しば栗,栗,マロン”
素朴な中に歴史を受け継ぐ一品。それが、「しば栗」です。1989年、先代である二代目が造りました。栗一粒を包んだ特製の白餡を小麦、砂糖、卵を使用した生地に包んでおります。「おさんの森(最中)」と並ぶご進物用の菓子として二代目は作ったようです。二代目の志を継承し、現在も明正堂の伝承菓子として三代、四代と、その味を守り続けております。